2012年09月09日

ザワークラウト普及促進!

 「フランツィスカーナーBar&Grill 日本橋」に行って来ました。
 ビールもソーセージもザワークラウトも美味しかったのですが……
 ザワークラウトの量が少ない!

 いや、たぶん普通の人にとっては多いくらいなんだろうけど、私とDちゃんは、
「ザワークラウトの海にソーセージが浮いてる」
 くらいじゃないと満足出来ないんだ。

 そういうステキなことをしてくれたのは、パリのラルザスという店だけです。
 日本のザワークラウトは、ソーセージの付け合わせとしてちょこんと皿の端に載ってるのしか見たことない。
 みんな、それほど好きじゃないのかな。

 キャベツが豊作になり過ぎて潰したりするニュースを見ると、
「どうして余った分をザワークラウトにしないんだろう?」
 と思ってしまう。
 日本では需要がないから?
 でもスーパーにはたいていドイツからの輸入品が売ってるよね。

「ビールにソーセージ」
 という組み合わせはすっかり日本人に馴染んでいる。
 これからは、
「ビールにソーセージにザワークラウト」
 が定番になれば良いと思う。
 その方が太らないし。

 結局、フランツィスカーナーではザワークラウトを追加で三皿頼みました。
 量はともかく、味は素晴らしいのですよ。
 ジュニパーベリーが効いていて、パリで食べた味に似ている。

 お店の人は、
「ザワークラウトお好きなんですか……?」
 と、ちょっと途方に暮れたような声を出しておりました。
 うむ、どんどん持って来い!!
posted by 柳屋文芸堂 at 01:34| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする