2012年09月12日

着物

 母の着物を着られるようにするには、ゆきを直さなければいけない。
 母はなで肩、私は怒り肩なので(「いかり」ってこの字なんだ…… 別に怒ってないよ!)長さが足りず手首が出てしまう。

 馬喰町にある呉服問屋へ行って相談してみた。
 布を余らせて仕立ててあれば伸ばせるのだけど……
「あー これは伸ばせませんね。余分な布は切ってあります」
 と店員さん。うーん、残念。

 仕方がないので、その場で反物を選んで新たに仕立ててもらうことにしました。
 着物を作るなんて、数十万かかるのでは?!
 と思っていたら、
 
 白い生地の反物(絹)+裏地+染め(染め抜き紋)+仕立て+5年保障(電化製品か!)

 ついでに帯(これは母のが使える)のクリーニングもお願いして、9万くらいでした。
 5年保障で何が保証されるんだか、暑くてボーッとしててちゃんと聞かなかった(大丈夫か)

 店員さんから説明を受けても、知らない単語がいっぱいで困った。
 やはり着物を着たり買ったりするためには、基本を勉強する必要があるなぁ。

 完成は10月末とのこと。
 どんな仕上がりになるか楽しみです。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:41| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする