2012年09月22日

徐 坤「郷土中国」感想

 陳家の老ニ(次男)が正月に帰ってくる!
 親戚たちは大騒ぎになった。
 一家が最も苦しい時に家族を捨てて出ていった老ニ。
 母や老大(長男)の葬式にも帰って来なかった男を、許せるはずがあろうか。
 しかし実際に年老いた老ニと、老ニの息子たちを見ると、涙、涙で迎えることになる。
 やはり我々は同じ「一族」なのだ。
 酒宴が進むうち、酔っ払ってだんだん横柄になってゆく老ニの長男。
 ついに老大の長女がブチ切れた!

 中国の大家族のホームドラマです。
 貧しい中で苦労した老大・老ニの世代と、経済成長で豊かになった次の世代。
 学を身につけ、上の世代に反抗ばかりする孫の世代。
 それらが全員集まって、酒を酌み交わすお正月。
 何だか妙に懐かしく、他人と思えない。

 そしてこの作品の舞台になっているのが、中国東北部の遼寧省。
 「中国嫁日記」の月ちゃんの出身地ですよ!
「(中国の)東北女は一瞬で怒り、一瞬で怒りが消える」
 という話が出て来ますが、「郷土中国」の老大の長女もそうだったので笑ってしまった。
 これが「鋼の東北人(ドンベイレン)」か。
 そのカラッとした気質が、読後感をさわやかにしています。
 
 この作品も「中国現代文学 第2号」に載っていました(これ
 当たりが多いなぁ。
 別の巻も少しずつそろえたいです。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:48| 読書 | 更新情報をチェックする