2012年11月30日

同人誌の感想を言う難しさについて

 同人誌即売会で買った本の感想を言うのは難しい。
 活動を始めた頃はメールや掲示板でこまめに書き手に伝えたものだけど、最近はあまりやっていない。
 ちょっと否定的なことを書くだけで、みんなものすごく落ち込んじゃうんだもの。
 私の意見なんて多数の中の小さな一つでしかないのに。

 たとえば同じ文章を読んでも、
「緻密な描写が素晴らしい」
 と思う人もいれば、
「描写が長くてかったるい」
 と感じる人もいるわけだ。

 小説は手紙ではない。
 ただ一人に届けば良いわけじゃない(と私は思っている)
 多くの意見を聞いて初めて、自分の小説がどのように読まれるのかが分かる。

 私はなるべく多くの感想が欲しいと思っていた。
 だから自分でも感想を書いた。
 他の人も感想を欲しがっていると思って。

 活動を続けるうち、どうもそうではないらしい、と気づいた。
 たとえばTwitterで、
「お腹空いたー」
 とつぶやいた人に、
「今どこにいて、何を食べたいのかを書かないと、誰も食べ物を恵んでくれませんよ」
 と返すのはおかしい。

「お腹空いたー」
 とつぶやいた人は、単にお腹が空いたからそう言っただけなのだ。
 特に反応は期待していない(のだと思う)
 これと同じように、
「書きたかったから書いただけ」
 という小説も十分ありえるし、それに対して何か言われても書き手は困るだろう。
 私はずいぶんトンチンカンなことをやっていたのだ。

 では「感想募集中」等と書かれている本にだけ感想を書けば問題が無いかというと、そうでもない。
「感想=褒め言葉」
 と考えている人もいるので要注意だ。
 褒めるだけにすれば良いのかもしれないけど、そういう関係って私は虚しいんだ。

 私は相手の本音が聞きたかったし、私も本音が言いたかった。
 そういうのが無理なんだなー と気づいた時、同人誌即売会に出るのをやめようかと思った。
 でも、在庫があったからさー
 その後は細々と、やや閉じこもり気味に続けている。
 
 プロが書いた小説や漫画の感想を書くのはラクで良い。
 相手が落ち込んだりキレたりしないんだもの。
(もしかしたらエゴサーチして見てるかもしれないが、直接会ったりしない。
 昔の作家なんて死んでたりするしな)

 多くの読者を相手にするプロは、本当にタフだ。
 アマチュアとの一番大きな違いかもしれないね。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:36| 同人活動 | 更新情報をチェックする