2012年12月31日

邦楽に触れる機会

 三味線発表会にはDちゃんの両親も来てくれました。
 お母さんはお囃子のリズムを気に入り、体を揺らしてノリノリで見てくれたそうです。

「とっても良かった〜 こういう演奏会は本当に初めてだから」
「ふだん邦楽を聴いたりすることはないんですか?」
「ないない!」
「歌舞伎を見たりは」
「高校の頃の鑑賞教室だけよ〜」

 音楽(特にクラシック)が大好きで、本人も楽器を弾くのだけど、邦楽は「別の世界」なんですね。
 なかなか触れる機会がないのだろうか。
 現代人でも十分楽しめる面白い音楽だと思うのだが。 
 もっと気軽に聴く人が増えると良いのになぁ。

【放送で】
 午前11時にNHK-FMをつけると「邦楽のひととき」など邦楽系番組を毎日やっている。
【劇場で】
 歌舞伎のBGMは生演奏の邦楽。役者さんだけでなく音楽にも注目する。

 このあたりが「入門編」として良いんじゃないかと。
 邦楽のCDはCD屋ではほとんど売ってません……
 Amazonで「長唄」「端唄」等で検索をかけると出て来ます。
 うめ吉の「俗曲」も可愛いよね!

追記:お正月は邦楽を聴ける番組が増えるのだった。詳細はこちら
posted by 柳屋文芸堂 at 00:13| 音楽 | 更新情報をチェックする