2013年02月20日

甘い言葉

 大学時代、Dちゃんが、
「柳田さんの声が聞きたくて」
 と九州から電話をかけてきたことがあった。
 まだ恋人ではなかったのに。

 そんな甘い言葉を言ってくるということは、私を好きなのかなぁ、と思ってそう尋ねると、
「いや、ただ声が聞きたくて」
 の一点張り。

 その後もたびたび好きなんだか好きじゃないんだかはっきりしない怪しい言動を繰り返し、私は諦めるべきなのか悩み続け、結局正式に付き合うことになったのは、私が告白して二年と二ヶ月経った後だった。
 待ちくたびれたよ、本当に。

 旦那になったから笑い話(やや苦笑)になるけれど、もしそのまま疎遠になっていたら、
「あの男はいったい何だったんだ」
 と首を傾げながら思い出すことになったんだろうね。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:01| 恋愛 | 更新情報をチェックする