2013年03月16日

三月花形歌舞伎(一條大蔵譚 二人椀久)

 新橋演舞場の三月花形歌舞伎・夜の部へ行って来ました!!
 気合い入れ過ぎて一階一列目、花道から三つ目というとち狂った席を取ってしまい、舞台をずっと「見上げる」ことになり、首が痛くなりました。
 もちろん、役者さんをすぐそばで見られて最っ高!でした。

 前半の演目は「一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」
 ベースになっているのは平家物語の世界。
 源平の争いに巻き込まれないために阿呆のふりをしている公家の大蔵卿が、源義朝の愛人や家臣を助ける、というお話。
 阿呆として登場しふざけ尽くした大蔵卿が凛々しくなり、また再び阿呆に戻ってゆく、その変化が一番の見もの。
 ふと思ったんだけど、大蔵卿ってバカ殿様の元ネタ?
 バカ殿様はずっとバカのままだけど。

 大蔵卿をやってる人、ずいぶん上手だなー と思ったら、市川染五郎でした。
 私は基本的に音楽を聴くために歌舞伎に行くので、役者の顔と名前をあまり覚えません。
 いつも顔真っ白だしさー
 家にテレビがないから普通のドラマに出ている所も見ないし。
 歌舞伎の話になっても役者の話についていけなくて恥ずかしいです。
 
 女狂言師のお京も綺麗ねぇ、と名前を見たら中村壱太郎(かずたろう)
 邦楽ジョッキー(NHK-FMの番組)のDJか!
 声だけは毎週聴いてる。
 あんたそんな美人だったの。知らなかったわ。

 この「一條大蔵譚」の音楽、義太夫と黒御簾の長唄が交互に鳴る所がゾクゾクしたなぁ。
 義太夫のねっとりした音色と、長唄のさらりとした音色。
 義太夫は全部で四組(語り一人・三味線一人で一組)出て、最後の二組は頭の血管が切れそうな凄まじい語り方。
 上演後の安否が気遣われます。
 まあ、義太夫っていつもそんなだが。

 後半の演目は「二人椀久(ににんわんきゅう)」
 お芝居ではなく舞踊。
 長唄がストーリーと情感を表現し、セリフは一切無しです。
 これのために一等席を取ったのですよ〜
 もう本当に、この曲、名曲!!



 大阪の豪商である椀屋久兵衛は、遊女松山に入れ揚げ、座敷牢に閉じ込められる。
 発狂した久兵衛は座敷牢を抜け出しさまよい歩く。
 するとそこには愛しい松山が。
 羽織と裲襠(うちかけ)を交換し、幸福に、愛を確かめ合うように踊る二人。
 しかし音楽と感情がクライマックスに達した瞬間、松山は久兵衛の前から消えてしまう。
 一人残された久兵衛の、寂しくあわれな姿…… 幕。となります。

「じゃらくら、じゃらくら♪ じゃらくら、じゃらくら♪」
 という印象的な歌詞があって、ここで松山が消えるのね。
 涙がポロポロ出ました。
 ずーっと憧れていた「二人椀久」を見ることが出来た喜びと、久兵衛の悲しみを思って。

【じゃらくら】
 なまめかしく戯れあうさま。でれでれ。じゃらじゃら。(大辞泉より)

 とのこと。ツンデレはツンジャラになるのか。

 今回、失敗したなー と思ったのは、松山が登場する場面。
 会場がどよめいたので、私は花道から出てきたのかと後ろを向いちゃったんだよね。
 ん? と思って前見たら松山が奈落からせり上がって来てた。
 バカだ私……

 「二人椀久」の三味線は超絶技巧ソロが長々と続く大変な曲。
 何度も聴いてるけど(生で三回くらい、録音だと百回以上)演奏したことはない。
 美しさ、激しさ、格好良さでは長唄随一だと思う。
 いつかこれをやれるくらいの力を身につけたいものです。

 三月花形歌舞伎、まだチケットあるみたいなんで興味ある方はどうぞ。
 (公式サイトはこちら

 新橋演舞場の最寄り駅は東銀座なので、歌舞伎座も見て来ましたよ〜

写真.JPG
↑東銀座駅。というか歌舞伎座地下? 境目が分からない。

 実は四月の杮葺落(こけらおとし)のチケットもちゃっかり取ってあるのです〜
 ぐふふふ。
 Dちゃんと一緒に行く予定。
「Dちゃんは男だから掛け声かけてみれば? 私は女だからやれなくてつまんないよー」
 と言ったら、
「のりなら男のふりして声かけられるから大丈夫。僕より確実に低いじゃん」
 そう言えば私の声の低さは科学的に証明されているんだった……
posted by 柳屋文芸堂 at 13:56| 演劇・演芸 | 更新情報をチェックする