2013年03月26日

関係性に萌える?

 やおいやBLを論じた文章によく出てくる「関係性に萌える」というのがいまいちよく分からない。
 その道に突き進んで20数年、の友人がいるから今度会った時聞いてみよう。

 私はどちらかと言うと「孤独」に萌える気がする。
 どんなに仲良さそうにおしゃべりしたり、笑い合ったりしていても、心の中では決して100%信じてはいないし、何かの拍子にぱらりと壊れてしまうかもしれない「ひとり」と「ひとり」

 大学時代、周囲の男の子たちを見ていて感じたのは、
「男の友情というのは、ずいぶん緊張をはらんだものなんだなー」
 ということだった。
 能力や外見や性格をお互いに測り合っているようなところがあって、その中の一人だけを褒めると、それこそ男同士の関係性に波風立てることになってしまう。

 男の友情はめんどくさい。
 女の友情と同じくらいめんどくさい。
 そもそもあれは友情だったんだろうか。

 そんなめんどくさいことやめてこっちにおいでよ、と呼び寄せるのが私にとっての恋愛だ。
 だから友情を愛情に読み替えるやおいやBLには違和感を感じてしまう。
 友情と恋愛感情は全く別のものだと思うから。

 ゲイの人が、普通に男の人を好きになる話が好きです。
 ある意味、ノーマルカップリング……?
posted by 柳屋文芸堂 at 02:18| 同人活動 | 更新情報をチェックする