2013年03月31日

もんじゃ

 大阪のお好み焼きについて調べていたら、もんじゃが食べたくなってきた。
 郷土愛?

 前の彼氏とお好み焼き屋に行った時、私は一瞬の迷いもなくもんじゃを頼んだ。
「何でお好み焼き屋でもんじゃなの?!」
「お好み焼き屋はもんじゃを食べるところじゃん!」
 東京都荒川区出身の母・伯母に育てられた私にとって、お好み焼きともんじゃという選択肢があったら絶対もんじゃだ。
 前の彼氏の両親は関西の人だったので、もんじゃの価値をあまり分かってなかったのかもしれない。

 Dちゃんは大学になるまでもんじゃを食べたことがなかったという。
 後輩や先生と一緒にもんじゃ屋に行ったものの、その場にいるメンバー全員がもんじゃ初体験で、
「いったいいつになったら固形化するんだろう……」
 と鉄板を見つめ続けたらしい。
 もんじゃは固形化しません。

 二人と出会うまで、もんじゃはお好み焼きほど一般に親しまれている料理ではない、ということに気付かなかったよ。
 ウィキペディアを見てみたら、もんじゃを食べる地域として東京下町だけでなく埼玉県川口市も挙げられていた。
 確かにもんじゃ屋いっぱいあった。それが当然だと思ってた。
 今でもあるのかなー
posted by 柳屋文芸堂 at 03:14| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする