2013年04月26日

物作り=ゴミ作り

 「物」というのはいつかは必ずゴミになるものだから、物作り=ゴミ作りと言ってしまって良いと思う。
 ただ、ゴミになるまでの時間はそれぞれ違う。
 作られたその日にゴミになる物もあれば、数百年後まで大切にされて美術館に飾られる物もある。

 すぐにゴミになるものが全て悪いとは言わないけれど(たとえば食べ物はエネルギーとゴミになってエネルギーもすぐ消えるが、そのエネルギーの集積こそ私たちの命だ)出来ることなら、なるべく寿命の長い、価値ある物を作りたい。

 物作りを無条件に礼賛する風潮には疑問を感じる。
 やみくもに物を作ってばかりいたら、世界はゴミだらけになってしまうよ。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:19| 社会 | 更新情報をチェックする