2013年05月12日

スーパーコンピュータ

 文部科学省が1000億円かけてスーパーコンピュータを開発するそうですね。
 完成した暁には、

・1000億円をスーパーコンピュータ開発に使った場合
・1000億円を科学教育に使った場合

 どちらの方が税収増加に寄与するか、シミュレーションしてみたら良いと思う。

 そもそも国の投資が生む利益って誰かちゃんと計算してるのかな?
 出すばかりで返ってくるものが無かったら、投資じゃなく浪費だ。
「何となく良さそうだから」
 という理由で税金投入出来るほど財政に余裕はないだろう。

 国民一人あたり約800円。
 スーパーコンピュータのために出しても良いって思いますか?
 私はそのお金でブルーバックスの一冊でも買って読みたいんですが。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:29| 社会 | 更新情報をチェックする