2013年05月21日

文章の個性って何だろう

 NHKラジオの「英語で読む村上春樹」楽しく聴き続けておりますよ。
 英語だけでなく原文もアナウンサーが朗読するのだけど、いかにも村上春樹らしい文章のところで、
「待ってました! たっぷり!!」
 と掛け声をかけたくなる。
 取り上げられている「象の消滅」はそんなに個性が強く出てる作品とも思われないんだが。
 私は文章の中のどの要素に反応してるのかなー
posted by 柳屋文芸堂 at 01:09| ラジオ | 更新情報をチェックする