2013年07月13日

小説の感想

 ポエケットでうちの本を購入した方が、感想をブログに上げてくれました〜(こちら
 「泥の小舟」、14年前の夏に書いた小説である。

 最近、昔の作品への感想をもらうことが多いです。
 発表してすぐ感想が来なくても、地道にイベントに出続けると反応があるものなんですね。
 小説を書いて読んでもらう、というのは時間のかかるプロジェクトなのだ。
 弱気にも強気にもならず、コツコツやっていこうっと。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:57| 執筆 | 更新情報をチェックする