2013年10月29日

一番キツかった感想

 これまでにもらった小説の感想の中で一番キツかったのは、
「エッセイを読まない方が良い」
 というもの。

 何故そんなことを言われたのか、よく分からない。
 小説の描写が軽くなる……からなのかな?

 私はエッセイを読むのが大好きで、知識や笑いや安らぎなど、どの本からも沢山の滋養をもらってきた。
 どうしてこんなに美味しいものを、遠ざけなければならないのか。

 その人は私の小説を読むと「感想」ではなく「アドバイス」をくれるのだった(※教師ではない)
 普通に、何を感じたかを教えて欲しいなー
 と思ったけれど、
「素人の文章を読み、意見を言ってくれる」
 というのはそれだけで貴重なことなので、文句は言えなかった。

 なかなか希望通りのことって言ってもらえないよね。
 当たり前だけど。
 褒めて欲しいわけじゃない。
 私が投げた言葉を、どう受け取ったのか知りたいだけなんだ。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:34| 執筆 | 更新情報をチェックする