2013年12月10日

私の夢

 文学賞に落ちたり、同人誌即売会で売上げが少なかったりすると、
「才能ないのかなー 頑張っても無駄なのかなー」
 と暗くなる。

 でも、作品置場のページを見たら、作品数が思いの外少ないのに気付いて、
「まずは書きたいことを全部書き切ってみないと、才能云々と言えないのではないか」
 と思い直した。
 才能があるか判断するのは私ではなく、読者だ。

 読みたい本を全部読もう。
 やりたいことを全部やろう。
 その上で、書きたいことを全部書こう。

 それこそが私の夢、なのかもしれない。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:13| 執筆 | 更新情報をチェックする