2014年01月23日

男体山と女体山を背景にして

 今日は妊婦さんに会ってきた。
 私は子どもを産まなかった(産めなかった?)ので、大きなお腹や、お母さんらしい優しい丸みを帯びた腰の形を見ると、何だか眩しい。
 そこに命がある不思議。

 胎児と乳児は神秘性があって大事にされるけど、子ども、大人と歳を重ねるごとにありふれた存在になっちゃうのは残念だ。
 宿った時の幸福感を、全ての人間に対して持ち続けることが出来たら。
 人は人をもっと大切に出来るかもしれないね。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:36| 友達 | 更新情報をチェックする