2014年01月25日

富山日帰りブリ紀行

 旅は不思議なきっかけで始まる。

 何故あの時、駅のパンフレット置き場を覗こうと思ったのか、分からない。こまめにチェックしている訳ではないし、そもそもその時、旅行の予定は全くなかった。

 キャンペーンでもしているのか、そこには北陸地方を紹介するための冊子がそろっていた。福井・石川・富山。
 私は北陸へ行ったことがなく、深い憧れを抱いていた。特に富山は、大好物のホタルイカの産地だ。ぜひ旬である春に訪れてみたい。

 私はそれらのパンフレットを家に持ち帰った。これを読んで、脳内旅行に出るのも悪くない。
 夕食後、Dちゃんの横で富山の冊子を開いた。

「いつかホタルイカを食べに行きたいんだよねー 今は寒ブリが旬なのかー お寿司美味しそう! 食べに行っちゃう?」
 私はDちゃんに写真を見せた。
「行こう!」
「……え?」

 Dちゃんは腰の重さでは誰にもひけを取らない男である。おまけに(これが大きいのだが)仕事が殺人的に忙しく、たとえ休日があっても体を休めるのが第一で、出かけようという気分にはなかなかならない。その気持ちはよく分かるから、行きたい所があってもあまり強くは誘えないのだ。

 それなのに、今日のDちゃんの積極的な様子は何だ。何なんだ。
「ちょうどお寿司を食べたいと思ってたとこだったんだよねー」
 人生はタイミング!!

 当初、富山へ行くとなったら泊まりだろう、と考えていた。新幹線一本で着ける場所ではない。地方の電車は本数が少ないから、乗り換えを繰り返すと朝から晩までかかってしまう。

「泊まりは無理だなぁ」
 とDちゃん。
「朝早く出ることになっても良いから、日帰りにしたい」
 ネットの路線情報で調べてみると、やれないことはない。富山での滞在時間は少なくなるが、目的はブリだけなのだ。食事をして土産を買う、まあ三時間もあれば十分だろう。

 仕事の状態を見ながら行く日を決め、前日に電車のチケットの予約をした。
 春のつもりだったのに、冬。ホタルイカだったはずが、寒ブリ。自分でもいまいち事態をつかめないまま、人生初の富山旅行である。

2014年1月24日(金)
 いきなり大失敗から始まった。
 朝早く起き、最寄り駅から予定していた電車に乗る、までは良かった。
 大宮へ向かう電車に、何故か乗り遅れちゃったのだ。路線情報の検索結果の通りにやったのに……

 仕方ないので新幹線と特急の予約をキャンセルし、一本遅らせて予約を取り直した。全部DちゃんがiPhoneで。便利、だけどキャンセル料が発生したらしい。うう、もったいないことした。
 路線情報を妄信しないで余裕を持たせて予定を組もう。反省。

 時間は遅くなったがルート変更はなし。大宮駅から上越新幹線「MAXとき307」に乗る。ここから越後湯沢駅までは50分。あっという間。何でこんなに短く感じるのだろう、と考えて、毎週三味線のお稽古に行く時に、もっと長時間有楽町線に乗っていることに気づく。
 越後湯沢駅なんてちょろいぜ!

 新幹線を降りると、そこは雪国であった。あちこちにこんもり雪が積もっていて、その下には凶器になりそうなつららが大量に垂れ下がっている。気温もかなり低く、寒い。

R0025675.JPG

 太平洋側と日本海側の気候の差に驚く。富山もこんな感じなのだろうか。二人とも雪対策などしていない。関東にいる時と全く同じ格好だ。
「滑らない靴で来れば良かったなー」
 とDちゃん。

 越後湯沢駅からほくほく線の特急「はくたか4号」に乗る。これがけっこう長くて、乗り換え駅の高岡まで2時間強。

R0025685.JPG

 富山出身の立川志の輔が、この線をこう揶揄していたのを覚えている。
「『ほくほく線』なんて名前なんですけど、ちっともほくほくしない!」
 大雪で電車がまともに動かなくなり、なかなか富山にたどり着けず困った時の話だった。そんなにも止まりやすい電車なのかと不安だったが、今日は大したトラブルもなく高岡に到着。

 それもそのはず、富山には雪が無かった。新潟はあんなにも白かったのに、どこで消えたのか。途中カーテンを閉めてしまったので、境目は不明。

 高岡駅前でタクシーに乗る。運転手さんの話によると、
「この時期にこんなに雪が降らないのは異常」
 とのこと。気温も高く、カーラジオが、
「3月中旬の気温です」
 と告げている。

「今日は立山連峰が綺麗に見える」
 と運転手さんが窓の外を指差す。厳かな山々。雪の白が作る角ばった稜線が美しい。
「いつもはもっと曇ってて、こんな風にはっきり見えるのは珍しいですよ」
「今日が初めてだから、毎日こう見えるのかと思っちゃいました」
「いやいや、本当に見えない」

 その運転手さんはおしゃべりで、正直ちょっと相手をするのが面倒だったのだけど、立山連峰の景色の貴重さを教えてくれたので感謝したい。

 最終目的地、寒ブリで有名な氷見(ひみ)漁港に到着。予約しておいたお寿司屋さん「きよ水」はそのすぐそばだ。
 個室に通してもらい、お寿司がやって来るのを待つ。

「タクシーの運転手さん、藤子不二雄が富山出身なのを自慢してたね」
「でもそんなに言うならちゃんと覚えていてやれと思ったよ」
「え?」
「『藤子不二雄Aと藤子不二雄B』って言ってた。Bなんていない」
「よく聞いてるね、Dちゃん……」

R0025694.JPG

 お寿司はブリだけじゃなく、おまかせで12貫。これにみそ汁が付く。
「うわぁ、目が合っちゃった」
「目?」
 みそ汁を飲んでようやく意味を理解した。ブリのあらと一緒に、エビの頭が3つ入っているのだ。つやつやと潤む、黒いつぶらな瞳。

 寿司はウニとイクラが美味しかった。ブリもあったが印象は薄く、みそ汁の具になっているものの方が味わい深かった。

 会計を済ませ、散策マップを見て気になっていた場所に向かう。
「ブリの遊具」
 ブリたちが遊ぶためのもの、ではなく、ブリの形をしている人間用の遊具だ。

R0025697.JPG
↑ブリの口から何か出てる、ように見える。

 この辺りは何もかもブリである。

R0025696.JPG
↑ブリ小僧。顔が西洋人。ブリュッセルの小便小僧がブリを持っているのだろう。

 氷見漁港の近くをぶらぶらし、大きな橋(比美乃江大橋)を渡る。この上からも立山連峰がよく見える。例年通りの気温なら、冷たい海風に耐えられなかったと思うが、幸いにして今日は異常なあたたかさ。結果的に、関東にいるのとそう変わらない。

R0025702.JPG
↑立山連峰は写真に撮るのが難しかった。真ん中に一応うっすら。

 橋を渡り切り、氷見漁港場外市場「ひみ番屋街」へ。ここは魚と土産物を中心としたショッピングモールだ。

R0025705.JPG
↑ひみぼうずくんがいる。当然ブリを抱えている。

 一応一周した後、気になった店(きときと亭 三喜)に入り、ブリ大根を注文してみた。
 テーブルにやって来たのは、濃い飴色に煮込まれた素敵な大根と、ブリのあら。

R0025706.JPG

「骨も食べられますから」
 と店員さん。ふむふむ、と骨を口に含む。あれ? 硬いじゃん……
 ぱりん
「んーっ!」
「どうした?」
「んーっ! んーっ!」
「驚いたことは伝わるんだけど……」

 大きめの骨が、口の中で一瞬にして粉々に崩壊したのだ。そしてそれが、予想以上に美味しかった。
「この旅行で得た結論。ブリは加熱した方が本領を発揮する!」
 ま、好みの問題かもしれない。

 本当はここでブリを買って帰りたかったのだけど、どの店も売り切れだった。一匹丸々、ならあったが、さすがにそれは多い。仕方なくホタルイカの干物などを買って建物を出ることにした。

 乗る予定の電車の出発まではまだ時間がある。
「じゃあ街を抜けて氷見駅まで歩こうか」
 氷見市内に藤子不二雄Aの生家があることから、忍者ハットリくんのキャラクターで飾った道があるという。そこを辿ったのだが……

「人が全然いないねぇ」
「商店街なのに」
 シャッターを閉じた店。商品が見えていても人の気配がない店。壊れて落ちてきそうな看板。根元が錆びて折れる寸前の柱。
 何よりほとんど誰も道を歩いていない。車だけがびゅんびゅんと過ぎ去ってゆく。
 街そのものが眠っているみたいだ。

 地方都市に行くたび、こういう物寂しい風景を見ることになる。人口が減っているせいだろうか。近くにイオンでもあって客がそちらに行ってしまったのだろうか。「ひみ番屋街」は観光客で賑わっていたのだけど。

R0025709.JPG
↑雪国らしい

 氷見駅に着き、電車の発車時刻まで駅前の「とまとカフェ」であたたまる。ここでコーヒーを飲んでいると、高校生が次々に揚げ物を買いにくるので面白かった。スカートの下にジャージを履く、あの懐かしい感覚!!

 電車に乗ったら、車内は高校生でいっぱい。近くに高校があるのね。眠る街が、眠るだけじゃないことを知り、少し救われる。

R0025711.JPG

 高岡駅ではぶり寿司と、かぶら寿司を購入。特急「はくたか21号」に乗る。
 行きの特急は普通車が満席で、グリーン車だった。
「ふかふか〜 立派な人になったー!」
 と喜んでいたのも束の間。足を載せる台や首を支えるクッションが体のサイズに合わず、全然心地良くないことが判明。体を休めようとするとエビのように丸まってしまう。仕方ないので背もたれに寄りかからず、前かがみでこの旅行記を書いていた。

 文章が進んだのは良かったけど、せっかくグリーン車なのに休めないってガッカリだ。
 帰りは普通車。グリーン車より体型に合っていて楽だった(何てこと……)でもやっぱりこの旅行記を書いていた。

 夕日を浴びた立山連峰が目の前に迫る。山肌の雪がほんのり珊瑚色に輝いて、本当に美しい。
 いつもの旅は、
「別の目的があったのに、最終的に食うことがメインだった」
 というパターンが多い。
 今回はその逆で、
「ブリが目的だったのに、立山連峰ばかり眺めていた」
 富山に来る前は立山連峰のことなんて1ミリも考えなかったのに。

 旅は本当に不思議だ。

 9時前に無事自宅に到着。
 日帰り富山旅行、やろうと思えば出来ちゃうんですねぇ〜

(富山日帰りブリ紀行 終わり)
(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 00:37| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする