2014年03月05日

お金の不思議(信じる者が成り立たせる)

 ビットコインって不思議ですよねー
 ……と思ってるのは私だけ?
 みんなちゃんと仕組みを理解してるのだろうか。
 私は何度ニュースを聞いてもネットで調べても「?」って首を傾げてしまう。

 マウントゴックスが倒産して資産を失う(であろう?)人が出たことでも分かるように、ビットコインはかなりあやふやな存在なのだと思う。
 それでも一応通貨のように利用されていたのは、
「ビットコインはお金(の一種)である」
 と信じていた人が沢山いたからだ。

 日本円も、かなり強く「お金」だと信じられている。
 いつか紙切れ同然になる、と思っている人が多ければ、貯蓄せずに使ってしまうだろう。
 10年後も20年後も日本円を使い続けられるはずだ、と信じるから、みんな銀行にお金を預ける。
 集まったお金で銀行は国債を購入する。

 老人たちは、
「これだけ預金があれば老後は安心」
 と通帳の残高を見つめながら死んでゆく(お金を使わずに)

 こういう敬虔な「日本円信者」が大勢いれば、国がどれだけ借金しても大丈夫なのかもしれない。
posted by 柳屋文芸堂 at 03:07| 社会 | 更新情報をチェックする