2014年03月12日

高山なおみへのインタビュー記事

 Soup Stock Tokyoが毎月出しているチラシが好きで、必ずもらってくるようにしている。
 今月のには高山なおみへのインタビュー記事が!!(ネットでも読める→こちら
 私の料理の師匠……!
 と言っても直接習ったことがある訳ではなく、料理を始めたばかりの頃に彼女の本をよく読んでいたのです。
 レシピはもちろん、料理に対する姿勢、暮らし方などいっぱい教わったなー

 今回の文章にも参考になる部分があったので引用してみる。

 たとえば洗濯物を干しながら、風がそよいで木が揺れたとき、その葉っぱの様子や心に起こった変化などをていねいに描写していくと、読者も同じ景色を見ることができるようなのです。ある時、それがわかった瞬間がありました。自分の中にわき起こる実感や、風の微妙な変化など、綿密に書けば書くほど、それは私の内面だけにとどまらず、外に広がって読んでいる人に重なることができる。

 優れた情景描写はトンネルのようなもので、読み手は文字という記号を通り抜け、今いる場所と違う景色の中にすっと入り込むことが出来る。
 そういう文章を書きたい、ものなんですが。

 すごい、と思った文章は技を盗みたいから何度も読むけど、意外と奇抜なことはしていない。
 その代わり、その場面で一番大事なものの描写は絶対に端折ってないんだよね。
「どうしてそんなこと覚えてるの?」
 と言いたくなるほど細かい部分まで書いてある。

 日々の暮らしの中で外界と内面をしっかり観察し、それを忘れない。
 そういう人の文章だけが、読者を別世界に連れてゆく。
posted by 柳屋文芸堂 at 03:17| 執筆 | 更新情報をチェックする