2014年03月18日

自分専用の楽園

 ネットを日常的に使うようになって20年近く経ち、
「自分の見たい情報だけを見る」
 ということにすっかり慣れてしまったなー と感じる。

 気に入っている人のツイート・ブログ記事。
 検索して出てきた文章。
 興味のあるニュース(タイトル一行で開くかどうか決める)

 テレビを見なくなって10年近く経つ。
 結婚した時に買わなかっただけなのだけど、たぶん私はもうテレビに耐えられない。
「見たい情報も見たくない情報も一緒くたに見せつけられる」
 というのがひどく辛いことに感じるのだ。

 もちろんテレビも気に入らない番組は消せば良い。
 しかし消している間に見たいものが始まるかもしれないし、検索して出てきたもの(見たいもの)だけを見られる動画サイトに比べて、テレビは不自由だ。
 別にテレビが悪い訳ではなく、ネットの方が新しい技術なのだから仕方ない。

 テレビに対して文句を言う人たちは、ネットの便利さをテレビにも求めてしまっているのではないか。
 放送開始時から流したいものを流し続けてきたテレビに対して、
「俺の見たい情報だけ見せろ!」
 と。

 自分がすっかり変わってしまったことに、早く気付いた方が良い。
 我々はもう、見たくない情報に耐えられないのだ。
 ネットは便利で、快適で、簡単に人の心を狭くする。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:02| ネット | 更新情報をチェックする