2014年04月26日

食べられなかった料理の記憶

 富山の氷見市に行った時、有名な寒ブリは食べたのだけど、「ととぼち汁」という郷土料理は食べそこねた。
 小魚のすり身団子のみそ汁(これ

 旅行に行くたび、
 「食べたもの」より「食べられなかったもの」
 「行った場所」より「行けなかった場所」
 の記憶が積み上がってゆく。

 食べたり、行けたりしたらそれで満足しちゃって、案外忘れてしまうんだろうね。
 食べたいなぁ、ととぼち汁。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:46| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする