2014年04月30日

美味しかった日本酒の話

 山梨県北杜市の「山梨銘醸」という会社の「稲穂の風」というお酒が美味しかった。
 ……のだが、一回買ったきり、同じ売り場に行っても見つからない。
 よく見たら「限定出荷品」だった。
 火入れ(加熱殺菌)をしていない「生酒」です。

 山口県岩国市の「酒井酒造」の「山卸廃止酛 五橋」も美味しかった。
 名前だけメモしてあるんだが、どこで買ったんだっけ……
 これも生酒。
 ネットで調べると、どこも完売みたい。

 私は「無濾過」「生」「原酒」あたりの単語の入った日本酒の味が好きです。
 作った後の加工の少ないもの(この記事の表が分かりやすい)
 荒々しくて、うまみが強い。

 時々「うまみが強過ぎて重い」「くどい」みたいなのもあって、そこまでいくとDちゃんは嫌がるけど、私はけっこう楽しめちゃう。
 「稲穂の風」「山卸廃止酛 五橋」は荒くはなく、すっきりして飲みやすかった。

 「吟醸」「大吟醸」は全然好きじゃないんだ。
 私には上品過ぎる。
 のどに残らないで、すっと抜ける感じ。

 味だけで言うと、「吟醸」「大吟醸」系は白砂糖、「無濾過」「生」「原酒」系は黒砂糖のイメージ。
 たぶん「吟醸」「大吟醸」は味より香りを楽しむものなのだと思う。
 まあ高いからそんなに飲んだことないんだけど。

 「無濾過」「生」「原酒」系は面白いことに、そんなに高くないの!
 たぶん劣化が早いから早く売り切っちゃいたいのだろう。
 好きなものが安く買えるのって幸せ。
 まあ、すぐ売り場から消えて二度と会えなかったりするけどな。

 こんなこと書いていると呑んべえのようですが、アルコールに弱いので(倒れる)、日本酒はいつもお猪口に一杯しか飲みません。
 味を楽しむだけならそれで十分。
 もし私がアルコールに強かったら、飲み過ぎて家庭を壊していたかもね……
posted by 柳屋文芸堂 at 00:42| 飲み物 | 更新情報をチェックする