2014年05月18日

クレアクラスコンサート

 高校時代からの友人が出演した、ピアノの会に行ってきました〜
 彼女が選んだ曲は「キエフの大門」
 組曲「展覧会の絵」の最後の曲で、これだけ抜き出すことはあまりないと思う。
 一体どうなるんだろう、と予想がつかなかった。

 実際に今日聴いてみて、
「『キエフの大門』ってこんなに良い曲だったんだ〜」
 と驚いた。
 組曲の終わりとして演奏すると「フィナーレの盛り上がり」でいっぱいになっちゃうけど、この曲一つで音楽にすると、いつもと違った味わい。
 おおらかで、たっぷりとしていて、少しだけ切なさも感じる。

 友人のピアノの弾き方は、若い頃に比べてずいぶんやわらかくなった。
 年齢のせいなのか、お母さんになったからなのか、技術が上がったのか、理由はよく分からない。
 昔の感情的でとがった音も忘れがたいが、演奏会に出るたびに表現の幅が広がっているのは明らか。

 歳を取るのは悪いことばかりでもないな、と思う。
 研鑽を怠らなければ、という条件付きですが!

 他の人が演奏した、ドビュッシーの「沈める寺」も良かったな〜
 ドキュメンタリー映画のBGMみたいな曲。
 CD欲しい。

 会主の先生が、優秀な演奏者のことを、
「耳の良い子」
 と表現しているのに感心した(「子」と言うのは出演者のメインが子どもだから)
「指がよく動く子」
 じゃないんです。

 自分の弾いた音が「ただの音の連なり」ではなく「音楽」になっているか、判断する耳。
 指はその後に付いてくる、のでしょう(練習すれば、ね……)

 クレアクラスコンサートは毎回学ぶところがあるので大好きです。
 次回も楽しみ。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:03| 音楽 | 更新情報をチェックする