2014年06月30日

映画館で流れる宣伝

 私は映画館で映画を見るのが苦手です。
 本編の前にやる他の映画の宣伝がイヤでイヤでたまらない。

 静かなドキュメンタリー映画を見に来たのに、
 爆弾がどかーん!
 ヒロインが派手な演技で泣き出したりして。

 ううう、本編はいつ始まるの。
 どれだけ見たくない映像を見るのに耐えなきゃいけないの。

 お金を払っているのに宣伝を見せられる、というのも納得いかない。
 広告を見せるならタダにして欲しい、とつい思ってしまう。

 映画館というのは「どんな映画でも大好き」な人のためにあるんだなー
 というのを行くたびに感じる。
 興味のある映像は見たいけど、それ以外は全て不愉快なノイズに感じる私は、黙って家でDVDを再生するべきなんだろう。

 でも、私が好むドキュメンタリー映画は、小さい劇場で短期間上映されておしまい、のことがほとんど。
 料金に100円上乗せしたって良いから宣伝をやめて欲しい。
 ううう。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:59| 映画・映像 | 更新情報をチェックする