2014年07月12日

アンドロイド― 人間って、なんだ?(日本科学未来館)

 今日はお台場の日本科学未来館に行ってきました。
 一番の目的は、石黒浩先生のアンドロイドを見ること!!
 公式サイトの説明はこちら
 ロボットというより生き人形に近いです。

 コドモロイドという少女の姿をしたアンドロイドはニュースを読んでくれるのですが、何故か時々ふっと上を向く。
 
私「どうして時々上を向くんだろうね?」
D「何か降ろしてるんでしょ」

 巫女か!
 油断すると機械の体から魂が抜けていってしまうの……?

 人間のアナウンサーはそんな仕草しない。
 自然な動きを追求しているのか、アンドロイドの不思議さを強調したいのか。

 オトナロイドという成人女性型のアンドロイドはかなり近付いて見ることが出来ます。
 リアルで美しい瞳と、カクカクした不自然な動きが最高でした。
 押井守監督の映画「イノセンス」みたいな感じ。

私「爆発する直前だね、あの動きは!!」
D「いちいち爆発していたら大変だろう」

 テレノイドという赤ん坊のようなアンドロイドは周りに人が多くて近付けませんでした。
 見た目も動きもかなり気味が悪いのに、楽しく遊べるなんて、みんなすごいなぁ……

 間近で見られたこともあり、オトナロイドが気に入ったな〜
 江戸川乱歩「魔法人形」に出てくる、薬で半分人形になってしまったお姉さんの役をやってもらいたい。
 頭の中で小説とオトナロイドの姿を重ねるとドキドキする。

 他に満喫したのは、
「アナグラのうた 消えた博士と残された装置」
 という体験型展示。公式サイトの説明はこちら

 その空間に入ると、足元にカラフルな丸い生き物みたいなものが映し出される。
 これは自分用に用意されたキャラクターで、手が生えており、私が動くと一緒に付いてくる。
 他の人のそばに行くと、このキャラクターどうしが手をつなぎ、離れる時には手を振る。
 この動きがなかなか可愛い。

 いくつかの装置と対話して情報を渡すと、私のためにボーカロイドが歌を歌ってくれる。
 これが一応、この展示のゴール。
 ここにたどり着くまでに、小学生男子からの妨害を何度も受けた。

 足元の生き物は人と近付き過ぎると消えちゃうのですよ。
 でも男子はそんなこと気にせずダダダダと会場を走り回っている。
 消されるたび入り口近くまで戻って再表示させなきゃいけない。
 先生、男子が! 男子が〜!!

 小学生女子はちゃんとルールをわきまえていて、キャラクターどうしが重ならないようピョンピョン飛んでよけてくれるの。
「男子って脳みそ入ってるのかな……」
 と疑問に思っていた小学生時代を思い出しました。
 
 まあそんな感傷も含めて面白かったです。

 日本科学未来館は全体的に子どものための施設で、大人だけで行くと肩身が狭い。
 どうして科学は子ども優先なのか。
 科学技術のあふれる昨今、科学の知識は老若男女問わず必要だと思うんだが。

 まあその分、子どもたちは何の気兼ねもなく暴れることが出来るので、
「どこか連れてって〜」
 攻撃を受けたお母さん、お父さんはどんどん活用すると良いと思います。
 涼しいしね。

 最寄り駅はゆりかもめの「テレコムセンター駅」
 そこから徒歩約4分。
 ドームシアターなど事前予約が必要なものもあるのでご注意を。

 実験教室(これも事前予約制)があって、
「じーさんがしゃべってるなー」
 と特に注目もせずに通り過ぎたのですが、今調べたらノーベル化学賞を受賞した白川英樹博士だった。
 そんな名のあるじーさんだったとは。

 実験教室の説明はこちら
 大人もOKらしい。
 申し込んじゃおうかしら。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:40| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする