2014年07月22日

サグラダ・ファミリア

 下の記事で書き忘れましたが、サグラダ・ファミリア、2026年に完成しちゃうそうですよ!!
 作り続けることに意義があるような気がしていたので、ちょっとがっかりしたりして。
 建物そのものより、ガウディの意志を受け継いで工事を続けている人々の心意気が、サグラダ・ファミリアの本体だと思っていた。

 人間は、目の前のものがどれだけ不完全でも、完全を夢見ることが出来る。
 その尊さ。
 愚かさかもしれない。

 しかしサグラダ・ファミリアの内部の映像を見たら、
「こりゃあ完成して欲しい、行って見てみたい!」
 と考えが変わりました。
 当たり前だけど、建物の計画に魅力があるから、みんな100年以上努力しているんだ。

 サグラダ・ファミリアはまるで生き物。
 外側も、内部も、完成までの道のりも。

 ガウディは晩年、サグラダ・ファミリアの設計にのめり込み、身なりにも気を使わなくなった。
 そのため路面電車の事故に遭っても高名な建築家だと思われず、治療が遅れて亡くなったらしい。

「高名な建築家じゃなかったとしても治療してやれよ、スペイン人」
 って思ったけど、これは公的保険が整っている現代日本に生きているから言えること。
 当時(1926年)は「貧乏人=治療費を払えない人」と見なされたんだろうな。

 ガウディはサグラダ・ファミリアについて、
「神は完成をお急ぎではない」
 と言ったとか。
 小説書きがなかなか進まない時につぶやこうっと……
posted by 柳屋文芸堂 at 00:14| 美術 | 更新情報をチェックする