2014年07月23日

人生初の家マンゴー

 先日、家でマンゴーを食べました。
 宮崎産。ずーっと憧れていて、商品券があったからエイヤっと買っちゃったのだ。
 これまでもマンゴー味のゼリーや、デザートの上に載っている果肉などは食べていたのですが、自分で切って食べるのは人生初。

 まず、食べ頃が分からない。
 食卓に飾って見つめ続ける。
 数日後、部屋に甘い香りが漂うようになった。
 もう良いのかな? と不安になりながら台所に持ってゆく。

 そして、切り方が分からない。
 ネットで調べると、なんと! マンゴーには平たい大きい種が一個、入っているらしい。
 知らなかった。スイカみたいになっているものかと。
 横幅の狭い方を上にし、真ん中を残して切る。
ここに詳しい説明があります。沖縄マンゴーのページですが)

 果肉に切れ目を入れてひっくり返……したら果汁がこぼれそう。
 もったいないのでやらなかった。
 食べやすいように切れ目だけ。

 さて、種の入った真ん中部分をどうしよう。
 とりあえず皮をむき(手で簡単にむける)、まな板の上でパクっ。
「うまぁ〜!!」
 叫んだね。何じゃこの、口だけ楽園に行ってしまうような美味しさは。

 夢中で種まわりを食べていたら、その様子をDちゃんにiPhoneで激写されました。
 何枚も何枚も、ひたすら私がマンゴーを食べているだけ。
 ただ、だんだん果肉が減っていって、平たい種が現れる。
 パラパラ漫画にしたらちょっと面白そう。

 両側の果肉(種の無い部分)ももちろん美味しかった(スプーンですくった)
 マンゴーは苦手、と言っていたDちゃんも、
「このマンゴーは美味しい」
 ともしゃもしゃ食べてました。

 一人で食べるのもな〜、と思って買わずにいたところもあるので、
「私の無マンゴー期間を返せ!!」
 と怒った。

「マンゴーの種をしゃぶり続けるバイトとか無いかな……」
「種まわりが美味しかったんだね」

 これからはひと夏に一、二回、たまの贅沢で買いたいと思う。
posted by 柳屋文芸堂 at 10:42| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする