2014年08月02日

ヨコハマトリエンナーレ2014

R0025915.JPG
マイケル・ランディ「アート・ビン」

 という訳で、ヨコハマトリエンナーレ2014、初日に行ってきました〜
(公式サイトはこちら

 メイン会場は横浜美術館と新港ピアで、今日は横浜美術館だけ。
 午後1時に入って出たのは5時。
 出来たら両方今日のうちに、と思っていたけど無理でした。
 別の日になっても、今日買ったチケットで新港ピアにも入場出来るというので一安心。

 入ってまず驚いたのは、ディレクターの森村さん自らが解説をする音声ガイドが借りられるの!!※有料
 これを聞きながらじっくり回っていたら、あっという間に時間が経ってしまった。

 今回のテーマは「忘却」

 失われたもの。
 見落としているもの。
 切り捨てられてしまったもの。
 無かったことにされてしまったもの。

 そういう「表に出て来ない膨大な何か」を見つめようじゃないか、という試み。
 表現方法はそれぞれ違っていても、「忘却」という言葉を手がかりに鑑賞していくと、作品の意図がつかみやすい。
 色んなことを感じ、考えた。
 今日一日で心と頭がずいぶん運動した感じ。

 作品があちこちにあるので、パンフレットの作家名に見たものから丸を付けていった。
 そうしないとまさに見落としそう。
 いくら忘却がテーマでもそれは困る。

 混み具合は普通。
 人に押されたりせずにゆったり見ることが出来、かといってガラガラでもない。
 土日は混雑するかも。
 撮影可能な場所が多かったのも嬉しかったです。

 一つ一つの作品の感想はまた別の日に書けたら良いなと。

(GR DIGITAL公式サイトにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 02:53| 美術 | 更新情報をチェックする