2014年08月09日

ヨコハマトリエンナーレ2014(大谷芳久コレクション)

 ヨコハマトリエンナーレは美術展ですが、文学館のような展示もありました。
 第二次世界大戦中さかんに出版され、その後「なかったこと」にされた、日本讃美・戦争讃美の詩や文章です。
 高村光太郎や北原白秋など、相当有名な人たちの作品がそろってます。
 現代美術画廊「かんらん舎」のオーナー、大谷芳久の書籍コレクション。

 「日本(自国)讃美」と「戦争讃美」は深く結びついている。
 自分の国はすごい! 他の国はダメだ!
 自分の国は強い! どこと戦っても勝てる!
 戦争しよう! ……ってなるから。

 単純化し過ぎだろ、って思うかもしれないけど、人間はけっこう簡単に根拠のない自己愛に酔ってしまうものだ。
 あなたはすごい! と言われたら嬉しくなるのと同じように、
 日本はすごい! と言われたら日本人は嬉しくなる。
 日本はすごい! 日本はすごい! と日本人同士が言い合う内に自己愛は強化され、少数の冷静な人たちには止められないほど大きな力になる。

 作家たちがどんな事情で日本を讃美することになったのかは分からない。
 強制されたのかもしれない。
 それ以外出版出来なかったのかもしれない。
 心の底から日本はすごいと思っていたのかもしれない。

 ただ、確実に言えることがある。
 文章を書くのは孤独な作業で、読者の反応なしに続けるのはなかなかキツい。
 作家は時に、自分の書きたいことより「読者が喜んでくれること」を優先してしまう。

 頭の良い、物知りな作家先生が褒めているのだから、日本は本当にすごいのだろう。
 大衆が喜んでくれるから、もっともっと日本を褒めよう。
 作家先生が褒めているのだから……
 大衆が喜んでくれるから……

 日本を褒めるな、と言いたい訳じゃない。
 「根拠のない自己愛」が恐ろしいのだ。
 日本文化を深く理解し、日本の良い所も悪い所も客観的に見て欲しい。

 一つの文化を本当に理解することが出来たら、他の文化をむやみに貶したり出来なくなるはず。
 それぞれ形は違っていても、全ての文化に人間の営みがつまっているのだから。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:39| 美術 | 更新情報をチェックする