2014年08月14日

都鳥

 9月に長唄三味線の勉強会があります。
 習っている人だけが集まる小規模なもので、譜面を見ながら弾いて良いし、
「今回はラク出来る〜♪」
 と思っていたら、現在練習中の「吉原雀」以外に「梅の栄」と「都鳥」もやることに……

 長唄はその名の通り長くて、3曲弾くと1時間以上かかる。
 暗譜するのとはまた違う大変さ。
 全部つっかえないで弾けるようになっとかないと。

 夏に楽器を一生懸命練習すると、吹奏楽部にいた頃を思い出して楽しい。
 コンクールが8月なのです。
 和太鼓も夏祭り前に一番頑張るよね。
 音を鳴らしまくるのが私の夏。

 今回演奏する曲の中では「都鳥」が特に好き。
 何故かと言うと、歌詞がエロいんだよ!!
 
 翼交はして濡るる夜は
 いつしか更けて水の音
 思ひ思うて深み草
 結びつ解いつ乱れ合うたる夜もすがら


 なんてあからさまなんだ。
 この曲のせいで、頭の中でずっと男の子2人がからみ合ってる……
 ってなんでBLなんだ!

 元々は、奥さんのいる男性に苦しい恋をする女性の物語、のようです。
 そのシチュエーションだとあまりのめり込めないのは、正妻の座に安住しているせいかもしれない。

 Dちゃんにもしそんな相手がいたら……
 そっちでご飯も食べてきてください。

 どうして色っぽく弾けないのかなー と思っていたけど、空想からして間違っている気がしてきた。
 ちなみにこの曲の中で「都鳥」と呼ばれている鳥は「ゆりかもめ」だそうです。
 やはり私はどうしても国際展示場に着いてしまうのであった。

(細谷朋子さんの解説(こちら)を参照しました。黄色い字の部分は引用です)
posted by 柳屋文芸堂 at 01:38| 音楽 | 更新情報をチェックする