2014年08月21日

真夏の花嫁修行

 夏が来るたびに思うのですが、この暑い中、他の人はどうやって家事をやっているのだろう。
 皿洗いは扇風機をかけながら出来るし、それでも辛ければクーラーをつけてしまう。
 しかし風呂掃除や洗濯物を干す時などはどちらも出来ない。

 もうこれは(部屋ではなく)自分自身を冷やすしかないと思い、ハンカチに包んだ保冷剤をわきの下に挟むことにした。
 (肩の上でハンカチの端を結う。どんな風になっているか伝わるかな……)
 少しはマシになったぜ、とその姿で働いていたら、Dちゃんが心配し始めた。

「心臓に入る血液を冷やさないようにね」
「そんなこと言われても、血の動きまでコントロール出来ないよ!」

 心臓発作を起こしたら大変でしょ、とのこと。
 確かにわきの血管は心臓に近いからねぇ。
 他の場所も試したけど、わきを冷やすのが一番早く体から熱が逃げる感じがする。

 熱中症か、心臓発作か。
 選びたくない。

 とりあえず、熱くなり過ぎないよう、冷やし過ぎないよう、気をつけよう。
 中道ですな。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:30| 料理以外の家事 | 更新情報をチェックする