2014年10月24日

文章力

 文章を書く時に紋切り型の表現を使うのはあまり良くないこととされているけれど、早く書き上げるためにはある程度必要だよな…… と思う。
 全ての言葉を納得のいくものにしようとしたら、ものすごく時間がかかり、勢いが削がれる。

 紋切り型を多用するのももちろん問題がある。
 凡庸になるだけでなく、言葉の流れに引っぱられて「自分の書きたかったこと」と「書かれた内容」にズレが生じるのだ。

 「文章力がある」というのは「的確な言葉を連続して即座に思いつくことが出来る」ということなのかもしれない。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:45| 執筆 | 更新情報をチェックする