2014年11月06日

長唄の会

 今日は私の先生の先生である、松永鉄九郎師匠の長唄の会に行って来ました。
 演奏曲の順番が良かったな〜
 牛若丸と弁慶の出会いを描いた「五條橋」という勇ましい曲の直後に、おちゃらけた雰囲気の「まかしょ」
 三味線の音も唄の声質もガラッと変わって、歌舞伎の引き抜きの場面を見るような爽快感!

image.jpg

 鉄九郎師匠は落語の世界とも関係が深く、トークが完全に落語家……
 先生の先生が落語家化したということは、先生もいつか落語家化し、母が生け花を習いに行って熔接をやる羽目になったように、私も長唄三味線を習っていたはずが落語を一席、ということになるのだろうか。

 人の作った話は覚えられないので、自作の新作落語をやりたい。←やる気かよ
posted by 柳屋文芸堂 at 02:36| 音楽 | 更新情報をチェックする