2014年11月30日

綿入れはんてん

 今年のDちゃんの誕生日プレゼントは「綿入れはんてん」にしよう!
 と決めたのですが、なかなか良いのが見つからなくて大変でした。

 まず数が少ない。
 Dちゃんが楽に着られる大きさのものがない。
 デパートの呉服売り場を中心に探したのだけど、それがいけなかったのかなぁ……
 綿入れはんてんの品ぞろえが良いお店ってどこなんだろう。

 最初、久留米絣を使ったものが良いな〜 と考えていたのです。
 久留米絣は、バカボンが着てそうなイメージの布(パパではなく)
 素朴な雰囲気で、いかにも綿入れはんてん! って感じがするから。

 しかし、これが無い。
 久留米絣に限定せず、素朴な布なら…… と条件をゆるめても、無い。
 サイズが小さい。柄が女性向き。
 あるいは袖のないちゃんちゃんこ。

 何ヶ所か回って疲れはて、仕方なく絹のはんてんを買うことに。
 何故か絹だと男性用の色・大きさのものがあったのです。
 でもちょっと光っていて、あんまりはんてんらしくないんだよね……

 紺色のものなんてスーツにそっくり。
「仕事中みたいだよー」
 と言われそうなのでそれは避け、黒にしました。

 もしかしたらこれで良かったのかもしれない。
 結婚後Dちゃんは私に似てきて、すっかり庶民になってしまった。
 艷やかな絹を身にまとい、出会った頃の気品あふれる姿を取り戻してもらおう!

 気に入ってくれたらしく、Dちゃんは毎朝毎晩、休みの日は一日中、そのはんてんを着ています。
 似合っているから、絹で正解だったのだと思う。
 でも気品を出すのは無理だった。そういうファッションじゃない。

 綿入れはんてん、もっと流行ると良いのに。
 私も着てる。
 数年前に衝動買いしたもので化繊だけど、あったかいよ!
posted by 柳屋文芸堂 at 00:24| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする