2014年12月12日

冬の良いところ

 私の三味線の先生は寒がりです。
 弟子同士で、あんな風に寒がってた、こんな風に寒がってた、と話題に出来るほど。
 冬のお稽古は必ず寒さへの嘆きで始まる。

 私「まあ、冬にも良いことはありますよ。鍋が美味しいし……」
先生「一つだけじゃん!」
 私「あとは…… あったかいココアとか……」
先生「二つだけじゃーん! 少ないっ」

 Dちゃんに抱きついて寝るのも良いよねぇ。
 ノロケは聞き飽きてると思うので(誰が相手でも、すぐDちゃんの話をしてしまう。好きなんだもん)言わなかったけど。

 冬の夜の、人の体のあたたかさ。
 熱源としての夫。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:16| 季節 | 更新情報をチェックする