2014年12月14日

雑じりっ気、の美しさ

 私は雑穀ごはんが大好き。
 赤米、きび、あわ、麦と色々入れて楽しんでいる。
 十六穀のようなものも良いけれど、一種類だけにすると、それぞれの個性が出て面白い。

 もちきびを加えて炊いたごはんは、とうもろこしみたいな香りがする。
 とうもろこしは「とうきび」とも言うし、種として近いのかなぁ。

 おもちは玄米で作ったものが好き。
 砂糖は黒糖。
 純粋なものより、雑味のあるものを美味しいと感じるようだ。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:07| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする