2014年12月23日

オノ・ナツメ「LA QUINTA CAMERA―5番目の部屋」

 一度くらい、クリスマスをヨーロッパで過ごしてみたいな、と思う。
 日本のクリスマスは独自の進化を遂げているので、キリスト教メインの国はどんな風に祝っているのか知りたいのだ。
 しかしヨーロッパのクリスマスは日本の元旦のようなものだろうから、実際に行ったら店が閉まっていたりして不便なのかもしれない。

 オノ・ナツメ「LA QUINTA CAMERA―5番目の部屋」ではイタリアのクリスマス(ナターレ)が描かれる。
 みんなが故郷に帰る前にやるパーティー。
 伝統料理にパネトーネ。

 日本からの留学生は、旅費を節約するためにクリスマスを一人下宿で過ごす。
 寂しい、かと思いきや、友人たちから次々電話やファックスが来る。

 BUON NATALE AKIO!!!!(よいナターレを、アキオ!!!!)

 本の舟に乗って、私は空想のイタリアへ旅する。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:28| 読書 | 更新情報をチェックする