2014年12月31日

今年を振り返る

 今年一番嬉しかったのは、小説を一つ書き終えられたこと(これ→「邯鄲」
 今年一番悔しかったのは、去年から書き続けている長めの小説を書き終えられなかったこと。
 結局、小説さえ書ければ満足なんだな、私は。

 富山、福岡、大阪、京都と旅も出来たし、つくばや三浦へのお出かけも楽しかった。

 今年最も美味しかった食べ物は、京都和久傳のダシのきいた数々の料理(これ
 デパートで買った宮崎産のマンゴーも美味かった(その時の記事はこれ
 舌を肥やすための行動は全く怠りませんでした。

 つくばと三浦は妊娠中の友人に会うために行ったのですが、二人とも無事出産し安心しました。
 他にも高校時代の親友、同人活動での知り合い、好きなブロガーさんなど妊娠・出産話の多い一年だった。
 妊婦さんや小さな子どものいるお母さんはあちこちにいる訳で、彼女たちが少しでも過ごしやすくなるように、苦労を理解出来たら良いなと思う。

 細々とですが三味線も頑張りました。
 吉原雀という自分にとっては難しい曲を教わることが出来て、長唄への理解が深まった気がします。
 音をとらえる能力が低いので、下手の横好きのままなのですが。
 自分のペースでゆっくり上達していけたら良いなと。

 岡本太郎、民族学、フォークアート、釜ヶ崎芸術大学などに触れ、
「芸術は芸術家だけのものではない」
 という思いを強くした一年でもありました。
 生活と深く関わっている芸術について、今後も考えていきたい。

 具体的に何をするかというと。
 食べて、生きて、経験して、観察して、話を聞いて、空想して、文章を書きます。
 新しい年が来ても変わらないな。

 今年一年、ありがとうございました。
 来年もよろしくお願いします。

 (ごーん)←除夜の鐘
posted by 柳屋文芸堂 at 01:23| 季節 | 更新情報をチェックする