2015年02月08日

「奈良原一高 王国」展 感想

 東京・竹橋の国立近代美術館で開催中の「奈良原一高 王国」展に行って来ました(公式サイトはこちら
 「王国」は1958年に発表された写真作品です。

 二部構成になっており、第一部「沈黙の園」はトラピスト修道院で生活する男性たちを追ったもの。
 トラピストと言えばバターとクッキーしか知りませんでしたが、手作業と沈黙を重んじる宗派、とのこと。
 会話が許される条件が規則で決まっていて、誰とでもペラペラしゃべっちゃいけないみたい。

 同じ志を持った人たちと生活するのは楽しそう、とちょっと思ったけど、沈黙は無理だ。
 私の人生の9割は無駄口で出来ているからな……

 第二部「壁の中」は女性刑務所の内部を写したもの。
 場所が場所なので「沈黙の園」ほど顔は出て来ない。
 女たちの背中と、生きた痕跡。

 どちらも閉ざされた空間で、でも内部には「同じ境遇の、同じ性別の人間」が沢山いる。
 これは都会と全く反対の場所なのではないかと思った。
 都会の空間は開かれている(好きな時に好きな場所に行ける)
 しかし周囲にいる人々は、故郷も考え方もバラバラだ。
 「同じ境遇で、同じ性別の人間」を大勢集めるには大変な苦労をしなければならない。

 閉ざされ、外部と切り離され、あたかも孤独になったかのように見える人々に生じるつながり。
 開かれ、誰にでも会える人々は、いったい誰に会えるのか。

 写真というのは基本的に、外に広がっていくのが得意な表現方法だと思う。
 まず自分を撮るより他人や風景を撮る方がラクだから、自分以外のものを見つめるようになる。
 面白い被写体はないかと、外に出かけたり、旅に出たり。

 「王国」はそういう写真の性質を抑え、逆向きに力をかけるようにして、内にこもるものをとらえている。
 そこが意欲的で、作品から受ける印象の強さになっていると思う。
 一度見ると忘れられない。

 作品数はそう多くなく(一部二部合わせて90枚)じっくり見てもそれほど時間はかかりません。
 金曜の夕方に行ったら割と空いてました。

 別の展示室にある同じ作者の「人間の土地」もなかなか良いので見忘れないように!
 こちらも(「王国」ほど完全にではないけれど)閉ざされた人々の写真。
 このテーマに取り憑かれていたのね。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:23| 美術 | 更新情報をチェックする