2015年02月14日

偏ってるんですか?

 結婚前、バイト先で、
「うちで取っているのは朝日新聞です」
 と言ったら、
「偏ってるんですか?」
 と返され、二の句が継げなかったことがある。

 特に思想的に共鳴して読んでいた訳ではなく、たまたま朝日だっただけなのに。
 どの新聞の名前を言えば「偏ってない」と判断されたのだろう。

 デジタル大辞泉によると「偏る」の意味は、
「ある基準、または中心から外れて、一方へ寄る。傾く」
 基準とは何か?

 「その人の新聞の基準」はおそらく「自分が取っている新聞」だ。
 単純に「自分と違っているものは、偏っている」と判断してしまう人だったのだろう。

 偏っていない言説や編集というのはあり得るのだろうか。
 全ての言説や編集は「自分の側に」偏っているように思うのだが。

 「偏る」という言葉から、私は大勢の人間がフワフワ浮いている宇宙が思い浮かぶ。
 下も上も右も左もなくて(私にとっての右は、他の人にとって左だったり右下だったりする)
 あるのは「自分から見た方向」だけだ。

 そんな場所で、
「偏ってるんですか?」
 と尋ねられても、
「どっちに? どっちが?」
 となるよね。

 まあもちろん、そういう場所だからこそ、
「私こそが正しい」
 と思わないと安心出来ないのだろうけど。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:24| 考え | 更新情報をチェックする