2015年02月21日

文芸評論家の文章への違和感

 文芸評論家の文章を読んでいると、
「この人は小説がどうやって生まれるのか本当に分かっているのか……?」
 と違和感を感じることが多い。

「聖護院大根は、聖護院かぶの根と、三浦大根の葉を組み合わせることによって作られている」
 みたいなムチャクチャな説明がいっぱい入っている。
 純粋に味わうことをしないで、元ネタを探しながら読んでいる、と言えば良いかな。

 聖護院大根は部品を合わせて作るのではなく、土の中で育つんだよ!
 同じように、小説だって作者の心の中で育つはず。
 見たもの聞いたものを消化して、自分の気持ちや経験を混ぜて、そこから自然に浮かんできたものを言葉に変換しているのだと思う。
 作者に影響を与えた作品などはもちろんあるだろうけど、それをそのまま切り貼りする訳じゃない。

 文芸評論家が解析することによって、
「そうか〜 聖護院かぶで作られているから、聖護院大根はあんなに大きくて丸いんだ〜」
 と納得し、安心する人もいるのでしょうが。

 自分で食ってみれば味の違いがすぐ分かるし、妙な勘違いもしなくて済むのに。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 01:13| 読書 | 更新情報をチェックする