2015年03月05日

遊びじゃない者たちの戦い

 スーパーで買い物中に、店員が大声(もしくはマイク)で宣伝を始めるとイライラする。
 ものすごく真剣に夕飯のことを考えているのにさー

 残っているおかずに合い(みそ汁があるから和食で、等)
 出来れば冷蔵庫の野菜が使え(じゃがいもがあるから肉じゃが、等)
 なるべく価格の安いもので(セリ298円って高過ぎだろ! 鍋に入れたかったけど我慢、等)
 バランスの取れた食事を用意しなければいけない。

 ぼんやり商品を眺めているように見えるかもしれないけど、試験問題を解いている最中と同じくらい頭を使っているのだ。

 昨日は店長が異常に熱を込めてマイクで怒鳴り続けていて、参ってしまった。
「本日はお刺身日和です! お刺身日和! 刺身、刺身、ぜひ刺身を!!」

 お刺身日和って何だよ!
 別にお祝いする日でもなんでもないしさー
 ひな祭り用に仕入れたのが余っちゃったのかな。

「遊びでやってんじゃねーんだぞ!(買い物を)」
 と叫んでやりたいところだったが、向こうはなおいっそう遊びじゃないんだよね……
 3月の売り上げが悪かったら店長を辞めさせられたりするのかしら。

 もし売り上げを伸ばしたいなら、まずは買い物している人の脳内を想像して欲しいよ。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:57| 料理以外の家事 | 更新情報をチェックする