2015年03月12日

文章力と読解力

 同人活動(アマチュア文芸活動、の方が分かりやすいかな)をしていて気付いたことがある。
「プロを目指している」
 と言う人より、
「小説を書くのは趣味」
 という立場を徹底している人の方が、文章が上手いのだ。
(※もちろん当てはまらない人もいるが、見てきた例を総合すると)

 上手いのにプロを目指さない(諦めたというより、最初から別物と思っているような)人は、
「小説家になるのは大変なこと」
 という意識を持っている。
 下手なのにプロ志望の人は、小説を書くことをそれほど難しいと思っていない。
(※繰り返し 歌詞のようだな……)

 「やりたいこと」と「やっていること」がひっくり返っているようで不思議な気がするけど、実は単純な話。
 世の中には、
「小説家の文章のすごさを読み取れる人」
 と、
「読み取れない人」
 がいるのだ。

 読み取れる人は、その優れた点を自分の文章に活かすことが出来るし、
「プロの小説家に比べると自分の文章はダメだな」
 ということも「読み取れる」

 読み取れない人は、自分の文章のダメさも「読み取れない」
 だから自惚れてしまうし、気軽にプロを目指してしまう。

 私はこの記事で誰かを非難したいのでもないし、反省したいのでもない。
「上手い文章を書きたかったら、まずは読解力をつけなければいけない」
 という当たり前のことを言いたいだけだ。

 読解力をナメている人のことは非難したいのかもしれないな。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:53| 執筆 | 更新情報をチェックする