2015年03月31日

母親が可愛くなってきた

 80近くなり、母親が子どもに戻りつつある。
 一緒に街を歩いているとどんどん勝手な方向に進んでいってしまうし、工事しているお兄さんにいきなり話しかけたりする。
 スーパーでは刺身のパックを指でむぎゅっ(ダメッ!)
 今日は病院の待合室にある水槽をとんとん叩いていた(魚さんが怖がるでしょ!)

 認知症ではないのだけど、昔は自制出来ていたことが出来なくなっている感じ。
 好奇心のおもむくままにやりたいことをやってしまう。
 子育て気分が味わえてなかなか楽しい。

 80過ぎてモテ期が来た伯母(小)のように、母の可愛さもこれから加速していくのだろうか。
 人間の変化や成長は最後の最期まで見逃せない。
 すごいな。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:49| 家族 | 更新情報をチェックする