2015年04月01日

Twitterの使い方(たぶん邪道)

 ようやくTwitterで目を回さなくなりました。
 簡単な話。フォローしている人のほとんどをミュートしているのだ(ごめんなさい)
 そして、
「この人は最近どんな話をしてるかなー?」
 と、ブログを見に行くようにツイートを読みに行く。

 結局、タイムラインを上手く使いこなせなかったんですな。
 これが私の情報処理能力の限界だと思った。
 Twitterを普通に使える現代人、すごいよ。

 情報受信・情報発信の装置としてより、ブックマークとして使う方が私に合っているみたい。
 心に残ったツイートやブログ記事へのリンクをお気に入りに入れていって、時々見返す。
 「フォロー」という行為も、私にとっては「ブックマークの追加」に近い。

 自分自身でツイートはほとんどしないけれど、人のツイートへの返信という形で時々メッセージを送る。
 文字数制限があると気負わずに出来て良いですね。
 一方的なファンレターのつもりで書いた文章に返事が来て、キャーッと幸せになったり。

 こういう邪道な使い方をしていると、非常識な奴だと思われたりするのだろうかと時々心配になる。
 ミュートしたり、リンク入りのツイートを連発したりするのはTwitterの倫理に反しているんじゃないかと。
 困ったアカウントなのは自覚していますので、邪魔っけになったら気にせずフォローを外してくださいね。

 返信やダイレクトメールが来たら通知されるように設定しています。
 簡単な連絡にもどうぞお使いください。

 Twitter(@yanagiyabunngei)

※記事を書いているうちに日付が変わってエイプリルフールになっちゃったけど、ウソじゃないから!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:09| ネット | 更新情報をチェックする