2015年04月20日

文学フリマ金沢レポート

 今回、私は一つの目的を持って文学フリマ金沢に参加しました。
「全てのスペースを回り、出来るだけ多くの本を開いてみる」
 委託も含め、おそらく会場にあったほとんど全ての本を読めたと思います。
(ただし、シリーズものは1巻だけにしました)

「見知らぬ読者の心をつかむ冒頭」
 と、
「ただ脳を通り過ぎるだけで引っかからない冒頭」
 の違いが何なのか、知りたかったのです。

 アマチュアの文章とはいえ、小説の中で何が起きているのかはたいてい分かる。
 でもだからと言って、その先も読んでみたいと思うとは限らない。

 選択の仕方はもちろん人それぞれですが、私の場合、
「自分に関係があると感じられるかどうか」
 というのが大きな判断基準になっていると分かりました。

 たとえば大場さやかさん(サークル名:欠片舎)の「明日、また」という本は、
「明日、また朝が来るかどうか、わからない」
 と始まる。

 私も時々、
「寝ている間に死んじゃうかもしれない」
 と思いながら眠ったりするので(朝が来ると「おお、生きてる……!」と感動する)
 この本の登場人物は「明日」までの不確かな時間をどう過ごすのだろう、と思い購入した。
 そう、「先が読みたくなった」のだ。

 睡蓮・クラーク・野村さん(サークル名:WaterLilies Garden)の「いままでの道、これからの道」は、
「仲間が出来るぞ、と言われたとき、サンダーバードは正直どういう反応をすればいいのか分からなかった」
 と始まる。

 これは鉄道擬人化本。
 前日、サンダーバードに乗ったばかりだった私は吹き出してしまった。
 そして「仲間(「はくたか」である)」とどうなるの?! とワクワクし、購入した。

 この経験を活かし、これからは、
「誰かとつながりたい、関係を持ちたい」
 と念じながら小説の冒頭を書いてみようと思う。
 意図してやるのは難しいけれど、意識したら何かが(良い方に)変わるんじゃないかな。
 自己満足から一歩前に進みたい。

 もう一つ、とんでもない発見がありました。
 後で詳しく別のレポートを書く予定ですが(ショボ〜ン書房の石井さんに頼まれた…… あの人、人に文章書かせる天才だね)山口汎一さん(サークル名:パナトリエ)の手彫り活字で印刷された和綴じ本。

R0026297.JPG

R0026299.JPG

 これらの本がこの世に生まれ、金沢までやってきた経緯はまさに物語で、聞いていて涙が出ました。
 自分の言葉を形にしたい、という狂おしい思い。
 これらの本はその原点であり頂点であるように感じました。

 まあそんな風に読み手・買い手として歩き回っていたため、自分のスペースには10分もいなかった。
 ここまで完璧に放置したのは初めてだよ……
 それでも本は減っていたようです(まだ何冊出たか確認してない)

 うちの本を手に取ってくださり、ありがとうございました。
 ひどい店主で申し訳ない。

 唐橋史さん(サークル名:史文庫)のアンソロジーの作り方講座にも参加しました。
「大変だけど楽しい!」
 という結論は、同人活動全てに共通して言えることだなぁと、深く共感。

 文学フリマ金沢で私に言葉を与えてくれた全ての方々に、
「ありがとうございました!!」

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 11:01| 同人活動 | 更新情報をチェックする