2015年05月22日

小説、始めました。

 3月に長めの小説を完成させたので、
「しばらくは読むのに徹して書くのは休もう」
 と思っていたのだけど、やっぱり我慢出来なくなって書き始めてしまった。

 きっかけは10月に開催される「Text-Revolutions」
 このイベントは参加サークルのアンソロジーを作るそうで、その原稿の規定が「4000字以内」だった。
 原稿用紙に換算すると10枚。
 これくらいなら気軽にやれるのでは、と思ったのだ。

 でも、冒頭部分を書いてみてすぐに気付いた。
 この話、4000字じゃ終わらない。
 意外とあっという間だよね、4000字って。

 そんな訳で、普通にText-Revolutionsの新刊として個人誌を出すことになりそうです。
 まあ、めでたしめでたし、かな?

 アンソロジー用の原稿はどうしよう……
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:33| 執筆 | 更新情報をチェックする