2015年06月15日

マンゴー愛

 クリスマスプレゼントとして、Dちゃんがマンゴーを買ってくれた。
 昨日の話。
 どうしても食べたくて、でも高いから自分では買いたくなくて、
「半年早いけどお願いっ!」
 とねだったのだ。
 これで今年のクリスマスは終了。まあ良いんだ、誕生日があるから。

 去年、デパートの果物売り場のお姉さんに教えてもらった通り、皮に黒い点々があるものを選んだ。
 これが大当たり。
 しっかり熟れて、でも崩れてはいない、一番美味しいところでした。

 マンゴーの香りは甘く強く官能的で、嗅いでいると頭がトリップ状態になる。
 翼をバサッと広げて求愛のダンスを踊りたくなるような。

 特に三角コーナーに捨てた皮の芳香がすごい。
 他の料理を作っている間も、脳みそはずーっとダンシング。

 また食べたい。
 年一回の特別な行事にしておくべきか。

 今日買ったのはビワで、これは大失敗。
 熟れておらず、味がしなかったらしい(Dちゃんだけ食べた)
 私のビワ愛の無さが露呈。
 ビワがマンゴーみたいに濃い味だったら、熱心に選ぶんだがな。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:22| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする