2015年06月21日

ネット依存

 ほぼ毎日ブログを更新していることでも分かる通り、私はネットで読み書きするのが大好き。
 ついつい長時間やってしまうので、
「私、ネット依存なのかなぁ?」
 とDちゃんに相談したところ、
「僕たちは、酸素依存症だよね」
 と返された。

「確かに、酸素がないと生きていけないからねぇ」
「でも別に、困ってないでしょ」
「まあ、今のところは酸素があるからねぇ」
 困ってなければ依存でもOKということなのだろうか。

 病気と正常の境目ってどこにあるんだろう、と若い頃からずっと考えているのだけど、分からない。
 ネットのやり過ぎで借金まみれになったり家族から見捨てられたり健康を損なったりしたら、それはマズいかな、と思うけれども。

 ついついダラダラ、は病気だろうか。
 病気ではなくても、歳を取った後に、
「あの時、ネットではなく別のことをしていれば!」
 と後悔するのを避けるために、ネットの時間はコントロールした方が良いのかもしれない。
 さて、ネットではなく何をすれば後悔しないのか。

 ネット依存についてネットで調べてみたら(←この文章にすでに矛盾がある気がする)久里浜医療センターのインターネット依存度テストが出てきた(これ
 この病院、アルコール依存症の治療で有名なところだよね。
 ネット依存にも力を入れているのか。

 気になる方はやってみたらどうでしょう。
 質問に答えていくと簡単に判定が出ます。
 私は42点で、
「インターネットによる問題があります。インターネットがあなたの生活に与えている影響について、よく考えてみてください」
 だって。ヤバいな!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 21:24| ネット | 更新情報をチェックする