2015年06月24日

親知らずを抜いたよ

 今日初めて行った歯医者でいきなりの抜歯だったのでびっくりしました。
 でもまあ予約を取って、
「○月×日に歯を抜くのか〜 痛いだろうな〜」
 とビクビク過ごすより、勢いでワッと出来て良かったのかもしれない。

 親知らずではない奥歯が痛いような気がして行ったのだけど、レントゲンを撮ったらそこは虫歯ではなく、とりあえず問題のありそうな歯を治療していって様子を見ましょう、ということになったのだ。
 で、まずは親知らず。
 いつの間にか伸びきっていて(他の奥歯より背が高かった!)気付かないうちに真っ黒になっていた。

 親知らずを抜くと大変(痛いとか腫れるとか)と聞いていたので怖かった。
 でも歯医者さんの話によると、大ごとになりやすいのは下の親知らずで、あなたのは上で真っ直ぐ生えてるから大丈夫ですよ、とのこと。
 確かにグイグイ引っぱったりする感触もなく、すぐ抜けた。

 麻酔の注射をする前に「麻酔の注射の針の痛みを感じさせないための麻酔薬」を塗られたのが面白かった。
 麻酔のための麻酔。
 注射の痛みくらいなら我慢するつもりでいたのだけど(すぐ麻痺するのだし)

 抜歯の何が怖いって、麻酔が切れた後。
 抗生物質と痛み止めを処方されたので、薬局で薬剤師さんに、
「今は平気でも、これからどうなるか……」
 と不安を打ち明けると、
「傷が大きい場合はもっと強い痛み止めが出て、量も多くなりますから。
 この種類が3回分ということは、そんなに酷くないはずですよ」
 と言ってもらえて、少しホッ。

 麻酔が切れる前に痛み止めを飲んだので、今のところ痛みはほとんど感じてない。
 出血もさほどなかった。
 このまま無事に落ち着きますように。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:42| 健康・美容 | 更新情報をチェックする